ニート問題について考えてみよう。

高級ブランド品と毎日が楽しくなる革命
ニート問題について考えてみたいと思います。

ニートはどんな人?

学校へ行かない、或いは行けないで、自宅にひきこもるのがニートです。

まずニートになる原因には3つあると言われています。

社会問題化されてきているのがニートで、今後どのように扱っていくかです。

ちなみにニートになる人にはタイプがあります。

内向的で何事にも消極的さらには、刺激を嫌って安全や安心を求めるとか、親は裕福な家庭となっていくのです。

ニートと言えば、働くのが嫌で学ぶことも嫌いですが、親が裕福であれば、働くとか学ぶ必要はありませんからね。

もし親が面倒を見てくれなかったら、自分で外にでて何かを始めないと生きて行けないですからね。

さらに親としてもお金があれば、家に子供がずっといても支障をきたしませんからね。

ですからニートの問題のひとつは、親側にあるのではないでしょうか。

次にニート化しあすいタイプに、他人への関心の低さが問題になります。

人の交流から遠ざかりたいから家に引きこもってニート化する。

学校で皆とわいわい騒ぎたい人とは逆にあまり人と接触したくないとなると友達はできないしまして異性に近づくなんてできませんから、引きこもってしまう。

次は家に居ても楽しみがあるですが、ゲームにはまると家から外に出なくても十分に楽しめますからね。

人との接触をしなくても生きていけるなら問題ありませんが、人との関わりがもっと本当の喜びに結びつけられることを知るとニートでなく別の生き方を求めていきたくなりますよね。

引き籠りになってしまう原因

学校に行きたくない=不登校がきっかけで、引き篭もりになってしまうとは限りません。

割合にしては、約1割でしかありません。

それよりも多いのが仕事や就職に関係したことがきっかけになり約4割もの高い割合です。

失業や就職活動が旨く行かなくて引き篭もりの原因になる場合がありますが、挫折して自信をなくしてしまうと次のステップへ進む力を失ってしまうことは起こりえます。

就職難の時代でもあって、自分を鞘会が受け入れてくれないとなると自然と社会に出たくなくなって引き籠もってしまうケースがあるのです。

そして引き籠ってしまうとどんどん前にでる力が弱くなっていくのです。

今まで何度か失敗を経験して、そこから立ち直っていけていればそういうことにはならないとも言えるのです。

原因はそんなに対したことでなくても立ち直る力が弱ければ家に閉じこもってしまい前に出ようとしなくなるのです。

ちなみに仕事に就いた人でも人間関係からのトラブルで痛め付けられると引き籠りしていくこともあるのです。

要は外からの刺激に弱いとパワー負けして、一歩下がった状態に身を置いてしまって、引き籠るのです。

次に病気が原因の引き籠りもあって、精神疾患での 引き籠りになるケースも多いのです。

ニート脱出方法

ニート状態に満足している人はいません。

早くニートから脱出したいと思っていても、どうしよもないので困っているのです。

でもその気持の持ち方は変えていかないと本当にどうしようまないのですからね。

早い話ニートを脱出するには、自分の中で今の状態を何とかしようとする強い意志とその為に努力していく気持が起こって行かないと始まりません。

ちなみに今ニートが増えてきている原因には、社会情勢の悪化があって、不景気なのが関わってきているのです。

でも、原因が悪いからどうしようもないと言っても好転はしません。

自分の今の状態を見つめ直してどうしたら立ち直って行けるかについて強い気持を持って行かないと始まらないのです。

マイナス気落ちが働くから、ニート状態から脱出できないので、気持をプラス方向の強い気持で自分を支えて行きましょう。

ニートで家に引き籠もっているよりは、外にでて自分としてできることを捜し始めて行けば良いのです。

試しに自分でこれならできると思えるバイトを見つけて行くのが1つの方法です。

いきなり正社員で周りからのプレッシャーを受けるのでなくて、アルバイトからのスタートもニート脱出への近道でしょう。

履歴書の書き方のコツ

ニート脱出して就職する人のために、履歴書の書き方のコツなどを書いておきます。

市販の履歴書は、自分のプロフィールや経歴をアピールできるフォーマットを選びましょう。

黒色のペンかボールペンしかNGですから、自分で使い易いほうで書いていきます。

でも書き間違えては行けないので、下書きをしてからが良いのです。

字は上手であるべきですが、一時ずつ丁寧に読みやすい楷書体で 書いてあると好印象を持たれますからね。

そしてフォーマットに沿って書き込んでいきますが、空欄は作ってはいけないのです。

資格や賞罰などの欄については、「特になし」とか「なし」で表記します。

書いてから間違ってないかの読み直しは忘れてはいけないのです。

経歴を書くときですが、今まで勤めた会社については、全て間違いなく書いていって、勤務部署は細かく書いた方が、面接者に詳しく伝わっていきます。

また、性格の長所と短所は、率直に正確な形で書いていくと、相手に自分の事が良く伝わっていって、評価は良くなって行くのです。

さらに書いた内容に付いて覚えて置く意味でもコピーを取っておく必要があります。

書い日を記入する欄がありますが、こちらも正確に書いていって、古い履歴書の使い回しなんてやっては行けないのです。


◎あなたが読むべき記事

◎あなたが読むべき記事

Copyright (c) 2016 高級ブランド品と毎日が楽しくなる革命 All rights reserved.