無印良品の本がためになると思った。

高級ブランド品と毎日が楽しくなる革命
無印良品の事を書いてある本は良書が多いと思いました。

無印良品は愛好者が意外とおおい

無印良品は、1980年に西友のプライベートブランドとして誕生しました。

「わけあって、安い」をキャッチフレーズとし、当初は安い理由をパッケージに明記し、どうして安いのか、どこが悪いのかが分かりやすいという点が消費者に分かりやすく安心感をもって受け入れられてきました。

ですが、プライベートブランドから独立し、良品計画という会社組織になってからは、独自にデザイナーを起用し品質を向上させていきました。

今まで安いというイメージがあった「無印」からは対極に、ノーブランドであるということをブランド化して行き、西友のプライベートブランド時代に比べて価格も高騰し、一大ブランドとしての存在を見出しています。

デザインはとてもシンプルで、また素朴。

それこそが無印良品のデザインと認知されるようになりました。

現在無印良品は食品を始め、化粧品、文房具、衣類、家具、家電、さらにリノベーションなども行うなど、無印良品だけで全てを揃えることが出来るようになってきています。

現在無印良品は日本国内に312店舗の直営店を持ち、海外にも344店舗を展開しています。

無印良品のベストアイテムの感想

「無印良品のベストアイテム」は宝島社から発売されているムック本で、数ある無印良品のアイテムから、編集者がベストと思うアイテムを紹介している本になります。

この本を読んだ感想はどのようになっているのでしょうか?模様替えをするために参考にしようと思って購入しました。

実際にいろいろな人の収納の例が載っていたので参考に出来ると思ったのですが、サイズが載っていないため、結局何度か無印良品に足を運び、サイズを確かめながら選ぶ必要がありました。

せっかくなのでサイズは載せてほしいですね」無印良品が好きで部屋の中にはいろいろなものがあるのですが、自分が使っている使い方とは全く違う使い方をしている例なども掲載されていて、すごく参考になりました。

新しい発見がとても多く、部屋のイメチェンをする時にくごく役立ちます。

眺めているだけでも楽しいので、無印良品が好きという人ならおすすめしたい本です。

無印良品は好きなので興味深いと思ったのですが、まぁ当たり障りない内容だったという感じもします。

もっと掘り下げてくれていたらよかったかなと思います。

無印良品でつくる心地よいキッチンの感想

「無印良品でつくる心地よいキッチン」は整理収納アドバイザーのすはらひろこさん著作の本になっています。

シンプルなデザインで有名な無印良品のアイテムを使い、心地よいキッチンを作り出すというすはらひろこさんのこの「無印良品でつくる心地よいキッチン」を読んだ感想をチェックしてみましょう。

「無印といえばやはりとてもシンプルなアイテムが揃っているため、いろいろな使い方をすることが出来るんだなと感じました。

同じ物を使ったとしても、違う人がそれを使えば全く違う使い方になるため、まさに目からウロコが落ちたような感じです。

本に出ていたアイテムは私自身も持っているものがあるので、もう少し使い方を見直して、より心地よく生活していくことが出来るように工夫をしてみたいなと思います」「片付けが苦手で、買ってきたものをどこに置いたか分からなくなることが多かったけど、この本を見て、どうやって収納をしていけばいいのか、楽に収納できる工夫をしりました。

早速、無印良品に行きたくなりました」と、このような感想を見かけることが出来ました。

無印良品は仕組みが9割仕事はシンプルにやりなさいの感想

「無印良品は仕組みが9割仕事はシンプルにやりなさい」は無印良品ブランドを運営する良品計画の会長である松井忠三さん著作の単行本になっています。

この本を読んだ人の感想というのはどのようなものなのでしょうか?「マニュアルが持つネガティブなイメージを変えさせる、「MUJIGRAM」の理念に驚きました。

決まったことをただなぞっていくのではなく、マニュアルすらしっかりとアップデートして行く姿勢が素晴らしいと感じました。

できれば多くの企業のトップに、この本を読んでもらい、本来のマニュアルとは何なのかという点を学んでほしいと思います」とMUJIGRAMに関する感想は非常に多く聞かれます。

また、「低迷し赤字企業であった無印良品が、なぜここまで成長しV字回復をしたのかという点を知ることが出来たと思います。

マニュアルがただの決まりではなく、マニュアルをしっかりと活かすことが出来た社員の意識改革というものも、今の時代非常に必要な物だと感じます」というように、赤字からのV字回復の部分に対して感銘したという感想も多く聞かれます。

なぜ無印良品がここまで世界に認められたのか、それが分かる本になっています。


◎あなたが読むべき記事

◎あなたが読むべき記事

Copyright (c) 2016 高級ブランド品と毎日が楽しくなる革命 All rights reserved.