gooのサービスとその他のサービスの比較

高級ブランド品と毎日が楽しくなる革命
gooのサービスについてライバル企業などを比較してみました。

gooには、どのようなサービスがある?

今やインターネット上には、たくさんの無料サービスがあって、ネットサイトを通して情報の提供やさらには、情報交換が可能になってきています。

その中でも大手で多くの人の指示を得てきているのが、インターネットサービスにgooサイトです。

一つ目のサービスは、gooが提供するSNSです。

Social Networking Service(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)=SNSですが、使っていくと多くの人との社会的な繋がりが広がっていきます。

ネットサイト上に自分の日記ページを作れていけるサービスですが、その日記にはネットを見た人のコメントを記入するなどのことが出来るので、ネット上に友達ができていくのです。

ネット上でしか知らない人の書いたブログを読んで、その内容に共感したりすると自分からのメッセージをネット上で相手に伝えていけますから興味が沸いてきますよね。

自分の持っている情報を掲載して、多くの人からの声が帰ってきたりすると楽しいですよね。

でも、細かい利用規約が設けられているので、他人を中傷したりすることなどが禁止されています。

次に「教えて!goo」というサイトもあって、誰かが自分の知らないことを質問する形式になっています。

それを見たgooに登録したメンバーから、その質問への答えを書き込んでいくサービスです。

勿論無料で、約140万人の利用者がいる程の人気です。

goo検索とグーグル検索ではどちらに軍配があがる?

ネットを立ち上げると「goo」と「google」が、頻繁にでてきます。

2つは関連しているのかというと、「goo」がNTTレゾナントで日本の企業、「google」は、アメリカのGoogleが運営ですから、名前が似ているだけで違うものでしょうかね。

ちなみにgooはNTTグループで、NTTレゾナントという会社です。

「goo」と「google」は似ていて紛らわしいのですが、真似たわけではなくても gooはgoogleの検索エンジンを利用しているのです。

「goo」は、株式会社NTTアド、NTT,米Inktomi (インクトゥミ)の共同開発で、1997年3月27日(木曜日)に誕生しました。

global networkが無限大(∞)に拡大していくという意味をgooは表しています。

ちなみにgoogleは、「googol(ゴーゴル)」が10 の 100 乗を指していることから名づけられているのです。

さて、どちらもグローバルネットワークのメディアとして、多くのネットワークサービスを展開していますが、どちらがこれからのインタネット市場で勝ちを収めるかは分りません。

どちらもアイデアを駆使して多くのサービスを展開しているので、これからに期待したですよね。

教えてgooとヤフー知恵袋どちらがおすすめ?

教えてgooとヤフー知恵袋は同じ位の利用者数どすかね。

そこで両方の違いとどちらがおすすめなのかの検証です。

gooですが、ルールが厳しくできていて、他の回答者への批判とか議論をすることはできません。

でもヤフー知恵袋では。

批判はあたりまえで、時によっては名指しでの書き込みも多いのです。

まあ、質問の内容にもよるのですが、あまり変わった質問だと回答が雑になったりするのではないかと思います。

そしてgooでも質問に対しては、締め切りが決まっていません。

旨くサイトを回していくには、期限を付けた方が回答する側としても使いやすいのかも知れません。

ですから、教えてgooとヤフー知恵袋では、ヤフー知恵袋でしょう。

また、回答の訂正が可能なのがヤフー知恵袋で、一度書いたものを訂正とはどうかと思いますが、困ったときは便利かも知れませんね。

答えてくれるアンサーですが、本当に為になることが書いてあるかというと教えてgooとヤフー知恵袋では、どちらも同じ状態かと思います。

中にはアンサーになってない書き込みがあると利用する意味がないと感じるのは嫌です。

goo地図のメリットとデメリット

goo地図は、パソコン画面に地図が表示されますが、検索機能を使って、住所を記入するとその場所の地図がアップで表示されるので、もしその場所へ行きたいなら、簡単に分るようになっています。

このメリットは大きいですよね。

今までは地図上で目で目的地を探していたのですが、そんなことはする必要がありません。

さらに何処かへ出かけるのに、出発地点と到着地点を地図上で指定すると、最も楽なルートが分るのが、goo地図のメリットです。

ドライブに出かけるときには便利ですよね。

今までは道路地図を広げて道順を捜していたかと思いますが、なかなか面倒なのです。

でも道路はいつもスムーズに車が流れているわけではなくて、渋滞することもあります。

でも、goo地図には、便利な渋滞予測機能が付いているので、渋滞をさけて目的地に行くには便利な機能です。

このようにして、何処かへ出かける時に便利なルートが見つかると印刷して紙面上で見ることができます。

デメリットですが、プリントアウトしたものを見ると地名文字がやたら大きくなっていて、地図の上に乗っていて他の部分を覆ってしまっています。


◎あなたが読むべき記事

◎あなたが読むべき記事

Copyright (c) 2016 高級ブランド品と毎日が楽しくなる革命 All rights reserved.